ローラを踊ってみた

どんなジャンルのエンタメにも古典てありますよね。

歌舞伎だったりクラッシックバレエだったり。

 

タップダンスにも古典的な振り付けがあるわけですよ。通な人だけ知ってるってやつ。

 

で、僕は右も左も、何なら言葉もわからない中でタップを教わってきたので、そんなの知らないわけです。

 

で、で、通な生徒さんから練習したいと提案があったのがLAURA」ローラ

 

僕たち昭和生まれは、西城秀樹のローラの方を思い出すワケですが、こっちのローラはバスターブラウンのやつ。

ローラが曲名でバスターブラウンが振付ね。

 

スピッツのロビンソンが、どっちが曲名でどっちがアーティスト名かわかんないのと一緒。

 

話が少し逸れたので本題に戻しましょう。

 

これってリズムタップ系の人にとっては古典なんです。

 

YouTubeには様々なバージョンのローラがアップされてるんですけど、どれが本家に一番近いのかわからないので大変です。

 

一番平均っぽいところをコピーしてみました。

せっかく練習したので、バックステージでの定番振りにしたいと思います。

習ってみたい人は、ぜひ遊びに来てください。


ブログランキングに参加しています。

クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。