経験者にやってもらうこと

当教室の来られる方は様々。

初心者の方はもちろん、経験者の方も多いです。

しかも、経験者の方は結構上手だったりします。

で、そんな経験者の方には、基礎練習でしっかりと脚を上げてもらいます。

足じゃなくて、脚。フットじゃなくてレッグ。

 

もちろん、初心者の方もそう。

はじめは音を鳴らすことにこだわりません。

脚をしっかり動かすこと。

動かすと言っても、前後、左右じゃなくて上下。

そうやって、正しいフォームを覚えてもらいます。

 

ところが、シャッフルには様々なスタイル、クセがあります。

経験者の中には、クセをお持ちの方がいます。

まずは脚を大きく動かして、クセを修正していくんです。

ところが、ところが、ご本人はそれをクセだとは思っていない。

だから、シャッフルやフラップを直そうとすると辞めていっちゃいます。

でも、嘘やクセをそのまま放置できないから、仕方ないですよね。

 

タップダンス界はまだまだ我流先生がたくさんいます。

業界自体に、正しく統一されたメソッドがないので、仕方ありません。

 

近々、経験者の方が来られる予定です。

大丈夫かな~。


ブログランキングに参加しています。

クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。